[PL2014]病弱者の心理・生理・病理1単位目2単位目セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数149
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2018年度に合格したものです。
    内容が難しいレポートの一つなので、ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PL2040 病弱者の心理・生理・病理 1 単位目
    [課題 1]
    病弱、身体虚弱の児童生徒の主たる疾患について、要点をまとめ、論ぜよ。
    [課題 2]
    病弱者の生活の質の向上や心理的な安定に必要な支援を考慮し、指導案を作成
    せよ。
    1 病弱・身体虚弱児の抱える疾患は、悪性腫瘍疾患、循環器疾患、気管支喘
    息・呼吸器疾患、糖尿病・ 単純性肥満・ 内分泌疾患、膠原病、てんかん・神経疾
    患等と多岐にわたる。とりわけ、小児がんとも呼称される悪性腫瘍疾患は致死
    率が高いことで知られている。小児がんの全体の約半数は急性白血病と悪性リ
    ンパ腫である。以下より、白血病の児童を例として取り上げ、その疾患と学習
    の空白への配慮・指導法について詳述する。
    はじめに、白血病という疾患についてであるが、これは、骨髄中の白血球細
    胞の異常増殖により骨髄機能が障害され、血液中の白血球、赤血球、血小板が
    減少し、遷延する発熱、顔色不良、出血傾向(鼻血、あざ等)、全身倦怠感、食欲
    不振、骨や関節の痛み等の症状が生じる疾患である。遺伝子の異常の関与が判
    明しているものの、原因は不明である。白血病の大部分が急性白血..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。