日大通信 国語音声学 分冊1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数55
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国語音声学分冊1合格レポートです。
    「適切に記述されている」という評価をいただきました。

    音声記号、音素記号に注意してください。
    「N」は大文字のNですが、書くときの大きさは小文字の大きさです。
    「ts」は2つで1文字です。(書き終わり同士を繋げる感じ)
    「r」は最初の縦棒が省略されたような記号です。(音素記号はそのまま「r」)
    /Q/は大文字(/q/ではなく)
    音声記号は教科書によって違いがあり、見る先生によって厳しさも違いますが、上記を気を付けた方が無難です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    20 × 20
    調 音 と は 、 母 音 や 子 音 と い う 最 小 の 音 の 形
    を 作 り 出 す こ と で あ る 。 ど の よ う に 作 ら れ る
    か を 示 し た も の を 調 音 法 、 ど こ で 作 ら れ る か
    を 示 し た も の を 調 音 点 と い う 。 子 音 と 母 音 の
    調 音 的 特 徴 は そ れ ぞ れ 、 声 帯 か ら 唇 ま で の 空
    間 で あ る 声 道 ( 咽 頭 、 鼻 腔 、 口 腔 ) で 、 空 気
    の 流 れ を 閉 鎖 や 狭 め な ど の 方 法 で 妨 害 す る も
    の を 子 音 、 特 に 妨 害 さ れ ず に 出 さ れ る 音 を 母
    音 と い う 。
    し か し こ の 観 点 で 考 え る 際 、 日 本 語 に は 母
    音 と も 子 音 と も 分 類 し が た い 音 声 が あ る 。 そ
    れ は [j] と [w] で あ る 。 [j] は 硬 口 蓋 接 近 音 で 、 [w]
    は 両 唇 ・ 軟 口 蓋 接 近 音 で あ る 。 接 近 音 と ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。