家庭科指導法 第二分冊 2018年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数157
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <はじめに>
    小学校家庭科における食事の役割や楽しく食べるた
    めの食事の仕方について、子どもの食生活実態をふまえ
    て、新小学校学習指導要領(平成 29 年 3 月公示)につ
    いて言及した上で、どのような指導の工夫をしたらよい
    か、について具体的な指導例をあげて述べていく。
    <近年の子どもの食生活>
    食生活を取り巻く社会環境の変化などに伴い、子ども
    たちの間でも朝食の欠食や偏った栄養摂取などの食生活
    の乱れや、肥満や痩身の傾向がみられる。例えば、塾な
    どの習い事に忙しく、夕食がコンビニで買った軽食や外
    食が中心という子どもいる。しかし、食生活のあり方に
    ついては、成長期にある子どもにとっても欠かせないも
    のであり、平成 17 年に施行された食育基本法では、「子
    どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付
    けていくためには、何よりも『食』が重要」であり、「食
    育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育
    の基礎となるべきものと位置付ける」として、子どもた
    ちに対する食育を重視する姿勢が示された。このように
    食育との関わりからみても、小学校家庭科における食事
    の仕方の学習..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。