中央大学 法学部 通信教育課程 2017年 保険理論 第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数155
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問題
    ヒトの睡眠の構造と意義について述べ、レム睡眠、ノンレム睡眠に関してそれぞれが出現
    する機序を説明しなさい。
    近年、メディア等で睡眠の話題を目にするようになり、それだけ我が国では睡眠の問題に悩む人が多い。実際、2009 年の独自調査の最
    新の全国調査データによると、14 人に 1 人が寝つきの悪さ、7人に1 人が睡眠中の目覚め、19人に1 人が早朝に目覚めてしまうという
    訴えを週3 日以上持っており、このいずれかの訴えを持つ、つまり不眠の人は約5人に1 人であった。
    また、2007 年の厚生労働省国民健康・栄養調査によると、30人に1 人は睡眠薬を服用している。
    睡眠で休養が取れていない人が4 人に1 人、日中の眠気がある人が10 人に 1 人であり、睡眠時無呼吸症候群やストレスレッグス症候
    群などの睡眠の病気にかかっている人についても、20人から30人に1 人と高い。
    我が国における研究結果より不眠の関連要因についてみてみると、高齢であること、続いて健康感のなさ、そして心理的ストレスの順で
    あった。
    1日の中での眠気の変動は体内の温度と連動している。徹夜で帰宅した後、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。