福祉心理学2単位目(評価:良)2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数302
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大 福祉心理学2単位目です。
    2016年に提出し、評価は「良」でした。
    レポート作成の参考になればと思います。

    尚、丸写しで提出してカンニングとみなされた等の、
    個々のレポート提出に関して当方は一切責任を負いません。
    各自のレポート提出は、各自が自己責任で行ってください。
    また、評価は提出時の評価ですので、
    同様の評価が得られる保証も一切致しません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    「人間が生きていく過程において直面すると思われる問題を、「教育領域」「福祉領域」「医
    療領域」「司法領域」「障がい領域」「思春期領域」「老年期領域」から、自分の関心にそっ
    てひとつ選択し、どのように福祉心理学を実践にいかし、支援等に役立てることができる
    かについて考察しなさい」
    「老年期領域」の領域における福祉心理学について考えてみたい。
    成人が年齢を重ねてゆくことは老いることであり、一般には老化、すなわち成熟以降の衰退過程
    として捉えられている。そして、ADL の低下や記憶力の低下などといった、身体的側面の多くの現
    象は、このことを裏付けている。知的能力は健康な高齢者では劣えていくのは小さく、物忘れとい
    った状態などになったとしても、記憶障害と呼べるような状態ではない場合もあり、高齢になっても
    ある程度維持されると言える。また、認知症などに代表されるように、高齢者自身の中にで日常生
    活において、問題が起こるような急激な知能の低下がみられた場合、例えば、食事を食べたことを
    忘れてしまい、食事を再度要求したりする場合は病気を疑うべきであることが指摘されており、そし
    て認知症を伴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。