福祉施設管理論01

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数168
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学 通信教育の提出レポートです。

    科目「福祉施設管理論①」

    課題「あなたの両親、あるいはあなた自身が自宅に住み続けることができるためには、どのような支援が必要でしょうか」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    福祉施設管理論 1単位め
    (課 題)
    あなたの両親、あるいはあなた自身が自宅に住み続けることができるためには、どのよ
    うな支援が必要でしょうか。
    (解 答)
    私たちが住んでいる地域には子どもからお年寄り、障害のある方ない方、外国人等様々
    な人が住んでおり、お互いに関係を持って生活している。その中で、それぞれの対象者毎
    に施設の形態がある。大きくは入居型の施設と通所型の在宅支援施設の2種類に分けるこ
    とができる。また、現在では入居型と通所型のサービスを複合的に行っている施設、法人
    も多くある。
    歴史的に見ると、最初は地域で暮らしていた障害者や高齢者は家族や地域からの世話を
    受けることが一般的であったが、入居型の施設が生まれ、福祉の専門化が進められると家
    族労働の軽減から施設入居者が多くなってきた。一方で在宅を支援する施設も生まれ、地
    域で継続して住み続ける福祉の在り方も模索されてきた。また、戦後は社会福祉法人のみ
    の福祉施設運営が法改正に伴い、 NPO や営利団体等の民間組織の運営が増えてきた。さ
    らに、行政の措置制度から利用者と対等に契約を交わす契約制度に移行し、利用者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。