福祉リスクマネジメント01

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数125
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学 通信教育の提出レポートです。

    科目「福祉リスクマネジメント①」

    課題「ケース1の「介護サービスの清掃義務違反に伴う利用者の転倒・骨折事故」の事案について、判例の見解に対してあなたの考えを論じてください」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    福祉リスクマネジメント 1単位め
    (課 題)
    ケース 1 の「介護サービスの清掃義務違反に伴う利用者の転倒・骨折事故」の事案につい
    て、判例の見解に対してあなたの考えを論じてください。
    (解 答)
    ケース1の判旨では、施設職員の活動処理について不備があるとの判決がでた。まず、
    入所者のポータブルトイレの清掃が朝、夕の2回と決められていたにも関わらず、その清
    掃業務を怠ったこと。判例では53回の清掃業務のうち10回以上も汚物処理を怠っていれば
    利用者が、ナースコールを押すことなく、自ら汚物処理場に捨てに行くことは、当然の帰
    結とした。チェックシート等を利用し、記録として残しておくことが必要であったことが
    挙げられる。チェックシートは多少時間がかかり、細かいが、入所者への木目細かい施設
    側の対応が介護事故の予防にも有効となり、万が一、介護事故が生じた場合でも裁判の証
    拠となる。また、入所者の出入りが予定されていない場所であっても、入所者が容易に出
    入りできる場所では、転倒の危険が予測できることから建物の構造上の瑕疵が認められ
    る。
    実際に介護職員が日々の業務で声がけをしてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。