ボランティア論02

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数93
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学 通信教育の提出レポートです。

    科目「ボランティア論②」

    課題「2-1わが国のNPOセクターの財源比率が、欧米に比べて著しく民間の寄付金・助成金が少ない理由について、わが国と欧米における福祉施策の違いから説明しなさい。
     2-2ボランティアに関する内容であなたにとって関心のあるテーマを一つ自由に選択し、そのことに対するあなたの自由な意見を述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ボランティア論 2単位め
    (課 題)
    2-1 わが国のNPOセクターの財源比率が、欧米に比べて著しく民間の寄付金・助成金
    が少ない理由について、わが国と欧米における福祉施策の違いから説明しなさい。
    2-2 ボランティアに関する内容であなたにとって関心のあるテーマを一つ自由に選択し、
    そのことに対するあなたの自由な意見を述べなさい。
    (解 答)
    2-1 わが国と欧米における福祉施策の違いについて
    イギリスでは、2つの世界大戦で失業者が増加し、貧困層の増加を生んだ。1942年にベ
    バリッジ報告が出され、イギリスの再建を阻む「5つの巨悪」として貧困、疾病、無知、
    不潔、怠惰を挙げ、これらの5つの要因から人々を守る社会政策を整備した。ベバリッジ
    報告後、国家による集権的なサービスだけでは社会から5つの要因を根絶するには不十分
    であるとし、国家のサービスを補足するためにボランタリーな社会サービスが必要である
    とし、1948年に社会的進歩の諸方法に関する報告(ボランタリーアクション)が出された。
    ボランタリーな社会サービスとは、博愛、相互扶助、個人的倹約の3つの方法が挙げられ
    る。19..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。