ケアマネジメント論04

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数145
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学 通信教育の提出レポートです。

    科目「ケアマネジメント論④」

    課題「ケアマネジメントにおけるモニタリング,評価についてそれぞれの意味,特徴,必要性,役割を説明してください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    4
    ケアマネジメント論 4単位め
    (課 題)
    ケアマネジメントにおけるモニタリング,評価についてそれぞれの意味,特徴,必要性,
    役割を説明してください。
    (解 答)
    ■モニタリングとは、利用者の基本計画から具体化したサービスと支援の供給を追跡する
    方法として用いるものである。サービスと支援についてのデータ収集、整理、分析、解釈
    等が含まれる。つまり、ケアプランで立てたサービス計画の内容がきちんと効果を上げて
    いるのか確認するために行うものである。また、モニタリングはケアマネジメントの実践
    において4つの目的を持って行われている。
    1つ、サービス計画がどの程度適切に実行されているのかを判断する。ケアマネジャー
    (ケアマネ)はサービス計画を基に利用者の仕事内容、活動の様子、責任を判断している。
    利用者を支援する機関のメンバーが、実質的な計画を実行できるようにする。
    2つ、利用者へのサービス支援計画の短期目標が達成しているかを判断する。利用者の
    ニーズを充たすために、サービス内容を明らかし、短期目標を設定する。モニタリングは
    短期目標が達成されているか否かを判断し、利用者へのサ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。