ケアマネジメント論03

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数145
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学 通信教育の提出レポートです。

    科目「ケアマネジメント論③」

    課題「ケアマネジメントにおける直接サービス機能と間接サービス機能についてそれぞれの意味,特徴,必要性,役割を説明してください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    ケアマネジメント論 3単位め
    (課 題)
    ケアマネジメントにおける直接サービス機能と間接サービス機能についてそれぞれの意
    味,特徴,必要性,役割を説明してください。
    (解 答)
    ■直接サービス機能とは、利用者の主体的判断を促すため、利用者の出来ない部分を見る
    のではなく、出来る部分(エンパワメント)に着目し、利用者が自分自身のニーズを充た
    す技能、能力、資源を利用できるように支援することである。利用者が主体的判断のもと、
    サービスを使うことが求められる。
    直接サービスの役割は、ケアマネ(ケアマネ)がどのように方向性を定め、利用者がど
    のように主体的判断を発揮するかによって変化する。その分け方として6つが挙げられる。
    1つ、「代行者として」の役割を引き受けている時には、ケアマネは、利用者が現状以
    上に高い水準に向いている。生活上の出来事に直面して、ひどく傷つけられ、結果として
    身動きが取れなくなっている状態の利用者と関係をとろうとするものである。ケアマネは、
    利用者が安定した状態になるための危機的介入技術を用い、それを成し遂げるためにいく
    つかの活動を実施する。利用者が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。