【明星大学通信】PL4010 視覚障害者の指導法1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数131
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます。
    2018年度に提出し、一発で合格の評価をいただきました。
    ぜひ参考にしてみてください!

    PL4010 視覚障害者の指導法1単位目
    参考文献『視覚障害教育入門』

    【1単位目】
    ①視覚障害を持つ児童生徒の指導法や教材教具について具体的に述べよ。
    ②視覚障害を持つ児童生徒に対する特別支援教育の特色について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PL4010 視覚障害者の指導法 1単位目
    参考文献『視覚障害教育入門』 青柳まゆみ・鳥山由子編著(ジアース教育新社)
    【1単位目】
    ①視覚障害を持つ児童生徒の指導法や教材教具について具体的に述べよ。
    ②視覚障害を持つ児童生徒に対する特別支援教育の特色について述べよ。
    【1単位目①】
     視覚障害児生徒の教材教育に必要不可欠なのは、触覚教材や拡大教材を使った視覚障害の状態に応じた教材書の使用である。ニーズに応じた教科書の種類があり、主に点字教科書と拡大教科書である。点字教科書とは、点字で学ぶ児童生徒のための教科書であり、拡大教科書とは、弱視児童生徒のために文字や図版を拡大して見やすくした墨字教科書である。教科書の内容は、小・中・高等学校と同じ内容であるが、点字教科書はページ数がかなり多く、拡大図書はレイアウトが元の教科書とは異なる。
     点字教科書の作成は、主に検定教科書を原典として作成されるが、視覚を中心にした原典を点字で理解しやすい教科書にするために編集される。具体的には、①絵や写真を解図にしても理解しにくい場合は、文章による説明を加える。②実験・観察・実習の内容や方法が、点字使用の児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。