<行政学分冊2>日大平成27.28年度

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数166
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    官僚制官僚政治行政管理

    代表キーワード

    行政学官僚日大

    資料紹介

    講評:課題についてよくまとまっています。今後は、それぞれの理論を流れをもって論じていくためにも、専門的な参考文献を使うとより良いものになります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:官僚制の特色とその機能や逆機能を比較し、そこから見えてくる問題の解決手段の一つである行政管
    理における POSDCORBの特徴とその活性化について論じなさい。
    行政は国民の活動に広域に介入する事からも組織の肥大化は当然起こり、社会の中で大きな割合を占める事
    となる。国家に多種多様な役割が要求される現代で、行政組織の相応の規模と専門知識・経験、判断力が不可
    欠だ。その中で、現代国家の行政活動の制度について、「官僚制」概念は国民社会の領域で促進する業務処理
    のシステムで発展した。官僚制自体は多義的であるが、独の経済・社会学者M.ウェーバーは、「国家、教会、
    軍隊、政党、経済団体、利益集団、教会、学校、組合、病院など、あらゆる領域における団体形態の発展は、
    そのまま官僚制的管理の発展と不断の増大と一致する」と唱えた。
    M・ウェーバーの理論によれば、近代の官僚制は資本主義を徹底する為に誕生した合理的管理運営体系と位
    置付けた。そしてそれは、近代社会に於いての組織で一般的に適用される概念とした。目的は資本主義特有の
    根本的な理念である「無駄を省き、時間とお金を消費せず、多くの利潤を得る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。