【明星通信】 法学2(日本国憲法)(WE1020) _ 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数143
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 教育学部 通信教育課程、標題科目の合格レポートです。

    これまですべて一発合格で、本レポートも高評価をいただきました。
    通信という孤独な環境下で勉学に励んでおられる皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    <2単位目>
    日本国憲法における法の下の平等について判例を挙げて説明しなさい。
    (日本国憲法における法の下の平等をめぐる判例をあげることが必須である。)


    他、随時アップロードしておりますのでよろしくお願いします。
    資料室 → http://www.happycampus.co.jp/docs/930771627526@hc18/

    なお、試験対策は以下2つを前日に暗記したのみです。
    ①本レポート答案
    ②ネット検索や持ち帰り問題で無料収集した過去問(5〜6個ほど)に対する、自作の簡易回答
    ※運もあるかと思いますのでご参考まで。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <法学2(日本国憲法)(WE1020 ) _ 2 単位目 合格レポート>
    【課題】
    日本国憲法における法の下の平等について判例を挙げて説明しなさい。
    (日本国憲法における法の下の平等をめぐる判例をあげることが必須である。)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【レポート本文】
    日本国憲法第 3 章 14 条にて、「1. すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、
    社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」との文
    言があり、貴族等の封建的な世襲特権の廃止や、栄典は世襲されず一代限りとする条文と併せて、
    法の下の平等について規定されている。これらの平等の理念は人権の歴史において、自由と個人
    尊重の思想に由来し、身分制社会を打破し近代立憲主義を確立する推進力となったのである。ま
    た、「平等」とは、例えば未成年者における飲酒禁止や労働基本法が定める女性の産休制度など、
    社会通念上合理的な差別は認められるとする相対的平等を指し、あらゆる条件下において均一的
    な平等を目指すという絶対的平..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。