心理学 発達心理学(ピアジェ・フロイト・エリクソン)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数514
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境心理学発達社会子ども心理理論幼児児童分析

    代表キーワード

    心理学環境発達

    資料紹介

    評価Aレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学
    発達の代表的理論である、ピアジェの認知発達理論、フロイトの性的発達理論、エリクソンの心理社会的発達理論について述べなさい。またあなたはどの発達理論を最も支持するか、その理由を自己の発達を参考にして考察しなさい。
    心理学では、多くの研究者が様々な発達理論を提唱している。代表的な理論としては、思考の発達に関するピアジェの認知発達理論、精神分析理論に基づくフロイトの性的発達理論、これを発展させたエリクソンの心理社会的発達理論があげられる。本問ではこれらの発達段階について考察し、どの発達理論を支持するか検討する。
    ピアジェ・認知発達理論
     ピアジェは、人間の適応をシェマの同化と調節によって説明した。シェマとは認識の枠組みのことであり、外界のデータを処理するプログラムの役割を果たすものである。このプログラムがうまく働いているときには、データは同化と呼ばれる過程によって取り込まれ、同化できないときには、プログラムであるシェマ自体の修正が必要となる。これが調節の過程である。下記の段階の区切りの年齢は目安だが,段階をふんで進む順序は必ず一定であり,誰でも最終段階へ進むとされる。
    「Ⅰ、感覚運動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。