相談援助演習4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数218
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     相談援助を行うにはインテーク、アセスメント、プランニング、モニタリングと段階的に支援を行っていく必要がある。しかし、支援を積極的に求めない支援を必要する人達がしばしばいる。それらの人たちは支援者を自ら遠ざけるため通常の方法では相談援助を実行することに困難を極める。地域において社会的なつながりから孤立し、フォーマルな援助に結びついていない人々に対し相談援助を行うにはまずはアウトリーチにより、専門職が出向き支援や情報提供を実施し支援をする必要がある。出向く場所は主にクライエントの日常生活の場(自宅など)であり、要支援者の日常の生活を見ることで、必要な情報やサービスを選定し提供する活動を行う。利用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。