少子高齢化とその影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数241
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     少子高齢化とは何か?将来の子供たちや私たち個人に与える影響はどのようなものか?またそれに対する対策について述べる。少子高齢化とは、出生率が低下する一方、平均寿命が伸びたことによって、人口全体に占める子供の割合が低下し、高齢者の割合が高まることをいう。少子高齢化は少子化・超少子化と高齢化・超高齢化が合併した状態である。我が国の人口については、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」における出生中位(死亡中位)推計を基に見てみると、総人口は、2030年の1億1,662万人を経て、2048年には1億人を割って9,913万人となり、2060年には8,674万人になるも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。