佛教大学 W0323 社会福祉方法論3 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数130
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    w0323 社会福祉方法論3 リポート第1設題

    評価A

    「リポートの組み立て方が非常に分かりやすいものになっている」とコメントを頂きました。

    テキスト以外にも、参考文献を記載していますので、リポートを作成される際の参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワークの展開過程を概観すると共にアセスメントのもつ意義について論述しなさい。」
    はじめに
     ソーシャルワークの展開過程においてはしばしば、援助を行うソーシャルワーカーが主体とされ、援助を受けるクライエントが対象とされることがある。しかし、実際には逆であり、援助関係における対象者としての側面を持つクライエントこそが、自らの生活における主体者なのである。つまり、クライエントは自身の生活のために主体的に援助を利用しており、ソーシャルワークの全過程において、ソーシャルワーカーはクライエントと共に解決していくという視点を持つことが大切である。したがって、展開過程の中におけるアセスメントは、生活主体であるクライエントのニーズを協働して見つけ出す重要な作業なのである。
     本稿では、ソーシャルワーク展開過程の一連の流れと必要な視点を踏まえて、各過程におけるアセスメントの役割、機能を考察し、アセスメントの持つ意義について述べる。
    ソーシャルワークの展開過程
    ソーシャルワークにおける一般的な援助過程としては、まず、受理面接であるインテークから始まる。この時期を導入期といい、具体的なアセスメント..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。