S0536 人権(同和)教育 科目最終試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数863
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2018年 S0536 人権(同和)教育 85点合格済  科目最終試験6設題の解答です。

    設題を4つにまとめ、また内容を一部重複させ、覚える量を少なくしました。

    学習に役立てて頂けたら幸いです。

    テキストどうりではなく、自分の言葉で解答す事を好む教授ですのでポイントを覚え、自身の言葉で解答すると合格しやすいように感じます。
    また、京都の部落など、自分なりの情報を入れると加点が付くと感じます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0536 人権(同和)教育 科目最終試験
    6設題を4つにまとめました、また、部分的に内容を重複させたので、勉強時間を短縮できるはずです。
    ①部落問題解決に向けて戦後50年ほどのあいだに進められた取組(同和教育史以外)について論じなさい。
    ②50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論ぜよ。
    解放令・水平社設立
    1945年 第2次世界大戦終結の後、GHQ主導で民主的な国家の建設に向け同和系の設置
    1946年 部落解放全国委員会結成
    1947年 国民主権・平和主義・基本的人権の尊重の三大原則とする日本国憲法執行
        しかし、部落は未だしゅう劣悪な生活環境・差別意識も戦前と変わらない。
    1951年 オールロマンス事件(京都) 部落解放同盟
        生活困窮家庭への学用品無料支給・学校給食の無料化
    1960年 同和対策会議 可決
    1965年 同和対策事業特別措置法 10年の期限とする
    1974年 狭山事件 特別法の失効
    1995~2004年 人権教育のための国連10年
    2005年 国連EDSの10年開始
    2016年 日本は国連加盟60周年
    まとめ
    同和教育とは「同和問題を解決するた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。