物理学(身の回りで起こるニュートンの運動の法則)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数373
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    止まっているものを動かしたり、動いているものをさらに速く動かそうとする時には力が必要である。重ければ重いほど、速く動かそうとすればするほど、大きな力が必要になる。動いているものを止めようとする際も同じだ。ものが動いたり止まったりするのは、そこに力が働くからであり、これはニュートンの運動の法則と呼ばれる。
     ここではニュートンの運動の法則について、身の回りで起こっている運動に関する現象で例えながら論じる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     止まっているものを動かしたり、動いているものをさらに速く動かそうとする時には力が必要である。重ければ重いほど、速く動かそうとすればするほど、大きな力が必要になる。動いているものを止めようとする際も同じだ。ものが動いたり止まったりするのは、そこに力が働くからであり、これはニュートンの運動の法則と呼ばれる。
     ここではニュートンの運動の法則について、身の回りで起こっている運動に関する現象で例えながら論じる。
     ニュートンは、自らの発見とそれまでの物理学の体系を数学的に再構築し「プリンキピア」を刊行した。その中でニュートンは運動の法則と万有引力の法則を説明しており、ニュートンの運動の法則は次のように述べられている。
    慣性の法則
     力を加えないと、動いているものはいつまでも動きつづける。斜面を転がり落ちた物体は、平坦な地面をどこまでもまっすぐに同じ速さで進む。このように、物体に力が働いていないか、または力が釣り合っている場合、物体は等速度運動をつづける。静止してる運動なら静止しつづける。これを慣性の法則という。
     慣性とは、動き続ける性質といってよいだろう。現実世界では、摩擦等の力が働いて減..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。