特別活動研究レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数322
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価Bです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校行事の役割と勤労生産・奉仕的行事の活動の際の中高生指導の注意点」
    1.学校行事の役割
     中学校の学習指導要領の改訂により、学校行事の目標は以下のように規定された。
    「学校行事を通して、望ましい人間関係を形成し、集団への所属感や連帯感を深め、公共の精神を養い、協力してより良い学校生活を築こうとする自主的、実践的態度を育てる」
    学校行事の役割の第一は、集団の問題について体験を通して深く考え自己理解を深めることである。人間は他とかかわることなしに生きていくことはできない。また、人間は集団というものに属して生きていくのが通常である。学校・会社・家族など集団はさまざまであるが、集団の中でいかに生きていくかということを教育の段階で教えていく、体験していくということは非常に重要なことである。具体的には、集団への所属感・連帯感・公共の精神・協力の意味を生徒一人一人が深く考えることである。
    またその集団の中でいかに望ましい人間関係を作っていくかということも学ぶ必要がある。
    第二は、学校の日常生活に秩序と変化を与えることである。学校生活というものはとかくワンパターンでマンネリ化しやすい。そこに、学校..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。