S0534 教育相談の研究 科目最終試験 6設題 合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数381
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 教育方法学 科目最終試験 解答です。合格済です。覚えやすいようにキーワードごとにまとめました。
    テキスト以外にも様々な参考文献にて、見解を深めました。

    キーワードを赤シートで隠せる様に、赤文字に変えました。
    プリントアウトして、そのまま勉強できるので。
    手間がいりません。

    お役に立てると嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0534 教育相談の研究 科目最終試験(縦書き解答)
    No.1不登校について、そのタイプ別に学級及び家庭における対応(指導)の在り方を述べなさい。
    (シラバスの要点より 不登校など子どもたちの閉じ籠り傾向の原因と対応について)
    なぜ平和な日本において不登校が増えているのかという根本的な問いかけを常にすることが重要であるという事を念頭に置き、文化の病とも言える不登校について述べる。
    不登校の原因
    ⑴一般的要因・・・学歴社会からくる学業競争や少子化による親の関心や期待の高まり。兄弟や仲間同士の人間関係の稀薄からくる社会背景の要因。
    ⑵個別的要因・・・子供や環境の特別な事情(集団生活になじめない・学業不振など)や家庭環境、学校での人間関係のトラブルによる要因。一般的要因の作用を強く受ける。
    ⑶解発的要因・・・病気・ケガによる欠席や仲間・教師との一過性のトラブルなど。きっかけになる出来事による要因。
    不登校のタイプと指導のあり方
    葛藤型(優等生の息切れ型)本人は登校したくてもできない。 
    無気力型(甘やかされた社会的未熟型)集団生活や学習意欲が低い。
    不定型 右記2つのどちらでもない複合タイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。