佛教大学 P6302 米文学史 第二設題 【A判定】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数454
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に作成したリポートです。 A判定好評いただきました。 

    テキストを端的にまとめることと、レポートの構成に注意しました。 レポート作成の参考にしていただければと思います。

    【第二設題】
    (1)アメリカン・ルネッサンスについて、具体的な作家、及びその作品名を挙げて論じなさい。
    (2)ベトナム戦争とアメリカ文学について、具体的な作家、及びその作品名を挙げて論じなさい。

    参考文献:『アメリカ文学史』 佛教大学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)アメリカン・ルネッサンスについて、具体的な作家、及びその作品名を挙げて論じなさい。
    まず初めに、アメリカン・ルネッサンス(American Renaissance)とは何かについて述べる。アメリカン・ルネッサンスとはF・O・マシ―セン(1902-1950)の著書『アメリカン・ルネッサンス―エマソンとホイットマンの時代の芸術と表現』(1941)の中で文学の一大収穫期を呼ぶのに使われた用語である。マシ―センによると1850年から55年のニューイングランドで花開いた文学を指し、アメリカ独自の文学の確立を高らかに宣言したのであった。この時期にアメリカは、それまでのイギリス文学の強い影響を脱した。そして、その独自性、つまり内なるアメリカへの探求と世界に誇れる高いクオリティをもった文学作品を生みだしたのだ。それはまた、アメリカがイギリスの植民地であったという歴史、ヨーロッパ的伝統からの独立を意味するものでもあった。その後、この概念が示す範囲は拡大していき、ラルフ・ワルド・エマソン(1803-1882)が牧師を辞任する1832年前後から南北戦争前後に相当する1860年までの約30年間を指すよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。