教育の制度と経営 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数303
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1) 昭和59年に設置された臨時教育審議会(以降:臨教審)が解決策を模索した「教育問題」について取り上げる。当時の日本は戦後の荒廃期から立ち直り、急成長を遂げたが、いじめや不登校、学級崩壊などが問題となっており、背景には管理主義や量的な詰め込み教育などがあった。確かにいじめは児童がお互いを深く知らないために、またはそのような機会が不足しているため、思いやりの心が欠けていることが原因の一つであろう。また自身にゆとりがないと他人にも厳しく、批判的になってしまう経験は私にもある。臨教審はそうした教育問題の解決のため、地方の実情に合わせた教育ができるような分権主義や学歴偏重主義是正のための試験制度変..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。