日大通信 情報概論 平成29・30年度課題 分冊Ⅰ A評価 (ビッグデータとはどういうものか説明せよ)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数267
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価=Aで、「データの出所の多様性、多種性、リアルタイム性などが特徴である事などを整理して論じています。」との評価をもらいました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 平成29・30年度 報告課題
     平成24年度情報通信白書では、災害時の復興でICTとビッグデータの扱いが重要だといっている。
    白書の本編、第1部2章1節の「4 知的情報基盤として新たな付加価値を創造するICTとビッグデータ」の活用をよく読んでビッグデータとは、とういうものかを説明せよ。
    ビッグデータの定義については、さまざまな表現があるが、総務省の平成24年度版「情報通信白書」(以下「白書」という。)では定義の一例として、ビッグデータを「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」とし、ビッグデータビジネスについて「ビッグデータを用いて社会・経済の問題解決や、業務の付加価値向上を行う、あるいは支援する事業」 (鈴木良介著「ビッグデータビジネスの時代」から)を紹介している。
    我々市民がビッグデータということばを耳にするようになったのは最近であるが、データマイニングの分野では、2010年に英国"The Economist"誌において"big data"の語が初めて現れている。なお、データマイニングという言葉は1970年代から使われてきたが、大量のデータからパターン認識、人工知能、統計..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。