幾何学2 PF2040 1単位目レポート 合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数573
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 幾何学2 1単位目のレポートです。
    テキスト等を参考に書きました。解説・講評もつけています。合格済です。レポート作成の参考までに、としていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幾何学2 PF2040 1単位目
    タイトル 
    1.直線lとl上の点Aをとる。Aを通りlに直交する直線mを作図せよ。作図の過程を文章で記述すること。また、その作図で得られたmがlと直交していることを証明せよ。
    2.∠AOBの二等分線lを作図せよ。作図の過程を文章で記述すること。また、その作図で得られたlが∠AOBを二等分していることを証明せよ。
    3.線分ABが与えられている。線分ABの三等分点を作図せよ。作図の過程を文章で記述すること。
    4.三角形ABCの外接円を作図せよ。作図の過程を文章で記述すること。
    5.長さlの線分が与えられている。このとき長さlの正五角形を作図せよ。作図の過程を文章で記述すること。
    1.
    直線l上にAの左右で等距離にある点B,Cをとる。BCを底辺とする2等辺三角形DBCを作り、頂点DとAを結ぶ。m⊥lであることは、△DAB≡△DAC より明らかである。
    2.
    OA,OB上にOC=ODである2点をとる。C,Dから等距離にある点Pを取る。OPは∠AOBの2等分線であることは、△OCP≡△ODP より明らかである。
    3.
    ABと異なる任意の直線ACを引く。AC上に、A..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。