日大通信 平成29~30年度 中小企業論 分冊1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数67
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【日大通信】平成29-30年度中小企業論分冊1の合格レポートです。
    課題:資本主義経済において中小企業問題はどのような理由で発生したのか、その条件を検討しなさい。

    ※当資料は参考としてお使いください。内容の丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    資本主義経済において中小企業問題はどのような理由で発生したのか、その条件を検討する。
    現代の資本主義経済、とりわけ1980年代以降において先進国経済を中心に中小企業の位置や役割はますます大きくなっており、資本主義経済自体の変化とともに中小企業自身の変化をももたらしてきている。それは、必然的に資本主義経済の展開とともにある中小企業運動の変化をも伴っている。
    資本主義の発展と中小企業運動の展開の観点から検討してみると、20世紀の資本主義は基本的には独占資本主義、寡占経済と規定され、そこでは独占企業、寡占企業経済に対する主導力を確保し、小企業と中企業とが一体となって問題性を担うという中小企業の概念が形成されたのである。もとより、19世紀以前の事由競争を基調とする資本主義経済においても、一方における前資本主義経済に淵源をもつ農村や都市の家内工業、あるいは産業革命以前のマニュファクチャーなどの存続が、地方における新たな誕生が顕著であった資本制小企業を含む多種多様な小規模の企業群の新生が存在していた。そうした小規模企業群は本格的な資本制企業である大規模企業群に対して競争において相対的に不利ではあっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。