人文地理学 第1・2設題セット

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数371
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2017年度履修。
    第1設題、第2設題のセットになっています。
    いずれもA評価をいただいています。
    あくまでも、リポート執筆時の参考としてお役立ていただけましたら幸いです。

    第1設題
    日本における流通システムの特徴について簡潔にまとめたうえで、自分の住む都道府県または市町村区における小売業態の展開の変化とそれにともなう地域への影響について地図や図・表を2枚以上用いて述べなさい。

    第2設題
    地方自治体における公共政策の役割についてまとめたうえで、自分の住む都道府県または市町村区における公共サービスの基盤整備の中から、地域的特性に即しているものを地図や図・表を用いて述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における流通システムの特徴について簡潔にまとめたうえで、自分の住む都道府県または市町村区における小売業態の展開の変化とそれにともなう地域への影響について地図や図・表を2枚以上用いて述べなさい。
    1. 日本における流通システムの特徴
    本章では、流通システムとは何かを概説し、近代以降のわが国における流通システムの特徴についてまとめる。
    「流通システム」とは、生産と消費との間に存在する空間的、時間的なギャップを埋める産業のことをいう。つまり、生産者のもとでつくられるあらゆる製品や農産物、海産物、加工品等が、消費者の手元に届くまでのチャネルである。我々の生活に欠かせないそうした流通を支える担い手は、メーカーと小売業をつなぐ卸売業や、実際に消費者への販売を行う小売業である。卸売業と小売業とでは、それぞれの分布に傾向が見られる。前者は、大都市や地方中核都市を中心に立地して小売業との取引を行い、後者は全国各地に分散的に立地して消費者への商品販売を行う傾向がある。
    なかでも、小売業は、業種と業態という2つの分類基準がある。業種とは、「酒小売業」や「野菜・果実小売業」など、販売する商品により分けられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。