ジェネラリスト・ソーシャルワークの特質について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数834
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士の通信教育で作成したレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジェネラリスト・ソーシャルワークの特質について
    ジェネラリスト・ソーシャルワークの特質は大きく三点ある。一点目は、その形成過程だ。ソーシャルワークの共通基盤であり、その主要三方法であるケースワーク、グループワーク、コミュニティワークの共通基盤を明らかにし、一体化して捉えようとする一連の動向をソーシャルワークの統合化という。これら3つの主要な援助方法の統合化を基点としてソーシャルワークの統合化は展開され、この過程は未分化ながら一般に3つの段階を経てジェネラリスト・ソーシャルワークは形成された。
    第一に、コンビネーションアプローチと呼ばれる統合形態だ。これは3つの援助方法を単純に合体させた統合でワーカーが利用者への援助内容に応じ、最も適切な方法を適宜組み合わせて活用しようとするものである。
    第二に、マルチメソッドアプローチと呼ばれる統合形態だ。これは、各方法論に共通する原理や技術を抽出して共通基盤を確立させようとした点が特徴だ。統合化における最大の課題は、ソーシャルワークの共通基盤の明確化であった。
    第三に、ジェネラリストアプローチと呼ばれる統合形態である。これは、専門職としてのソーシャル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。