【2017年】合格レポート 明星大学 PL2020 知的障害者の生理・病理 2単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数552
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信の科目レポートです。高評価をいただきました。ご参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 PL2020 知的障害者の生理・病理 2単位目
    【課題】
    脳の機能と構造を説明し、その障害を具体的に説明しなさい。
    (具体的に前頭葉・側頭葉・頭頂葉・後頭葉で生じる代表的な障害を2~3種類あげて説明しなさい。)
    【講評】
    簡潔にまとめています。
    本課題では、脳全体の機能の特徴、大脳に焦点を充てた機能およびその構造を概説し、各部位で生じる障害の出現を幾つか説明する。
    脳は出生直後平均して約400グラムだが、その後重くなり大人になると男性は約1350グラム、女性は1250グラムになる。脳重量の増加の理由には大きく2つある。1つは、オリゴデングログリア、アストログリア、小グリアというグリア細胞が出現・増殖することで、神経線維が髄鞘化になること、そしてもう1つは神経細胞の突起の成長が原因と言われている。この2つは脳の発達において大いに重要な役割を果たしている。なぜなら、これにより、信号(インパルス)の伝達の速さと確実性を高めること、神経細胞(ニューロン)どうしを繋げるシナプスの形成に寄与しているからである。前者のインパルスの速度に関して言うと、髄鞘化されていないと毎秒0.3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。