Z1114 学校教育課程論(中・高) 第1設題 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数307
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程Z1114学校教育課程論(中・高) 第1設題になります。
    B判定を頂いております。
    レポートの参考としてご利用してください。

    第1設題
    中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
     現在、社会的に子どもの学力低下が問題になっている。そして子どもの学力低下を引き起こしたのはゆとり教育によるものだと度々いわれている。では日本の教育課程はどのような変遷を経て現在に至っているのだろうか。戦後の教育から振り返っていく。
     第二次世界大戦後、GHQは昭和20年「教育に関する四大指令」を出し、日本の教育課程の改革に着手した。その内容の最も特徴的なものは戦前の教育課程の中核であった修身科、国史科、地理科の廃止である。そのような多大な影響を受け昭和21年11月日本国憲法が発布され、その下で昭和22年3月教育基本法が制定された。
     教育基本法及び学校教育法の公布と並行し、昭和22年3月に最初の学習指導要領が制定された。しかしこれは生徒や社会の要求に応じて生まれた教科課程をどのように生かしていくかを教師が研究するための手引書に過ぎなかった。その中でも教科課程において着目すべきは「社会科」「家庭」「自由研究」が新設されたことである。「社会科」は民主主義的な社会形成のための良識..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。