Z1001 日本国憲法 第1設題 C判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数335
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程Z1001日本国憲法 第1設題になります。
    C判定を頂いております。
    レポートの参考としてご利用してください。

    第1設題
    法の下の平等について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     法の下の平等について
     日本国憲法とは日本の最高法規であり、「国民主権・平和主義・基本的人権の尊重」という三大原則に基づいて成り立っている。これらの三大原則において「法の下の平等」については「基本的人権の尊重」の部分で述べられている。基本的人権の尊重は憲法第十一条において「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在および将来の国民に与へられる。」と明記されている。また基本的人権の尊重について重要なものに平等権があり、その中で法の下の平等について明記されている。それは憲法第十四条一項において「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と明記されている。
    法の下の平等という言葉は法の適用においてのみ平等が保障されるという考え方もあるが、同時に法そのものの内容においても平等であることを要求するものである。つまり、法を適用する行政や司法だけでなく、法を作る立法においての平等も要求しているのである。また、憲法第十四条一項..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。