大阪芸術大学通信教育部 共通専門科目「映画史第1~4課題」全てA判定 2018年度使用可

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数279
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※丸写しは、お止め下さい。参考文章として、ご活用下さい。

    共通専門科目「映画史第1~4課題」
    2018年度の学習指導書確認済

    第1課題設問
    「分析対象作品を鑑賞し、各課題を簡潔にまとめる」

    参考図書をさらっと読み、映画が作られた時代背景と自分の感想を書くと高評価になります。

    担当教員評価では、レポートの評価ではなく、教員の映画の感想が貰えます。


    A判定

    第2課題設問
    「分析対象作品を鑑賞し、各課題を簡潔にまとめる」

    参考図書をさらっと読み、映画が作られた時代背景と自分の感想を書くと高評価になります。

    担当教員評価では、レポートの評価ではなく、教員の映画の感想が貰えます。


    A判定

    第3課題設問
    「分析対象作品を鑑賞し、各課題を簡潔にまとめる」

    参考図書をさらっと読み、映画が作られた時代背景と自分の感想を書くと高評価になります。

    担当教員評価では、レポートの評価ではなく、教員の映画の感想が貰えます。


    A判定

    第4課題設問
    「分析対象作品を鑑賞し、各課題を簡潔にまとめる」

    参考図書をさらっと読み、映画が作られた時代背景と自分の感想を書くと高評価になります。

    担当教員評価では、レポートの評価ではなく、教員の映画の感想が貰えます。


    A判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『マダムと女房』について
    〇〇〇〇〇
    ⑴作品名-マダムと女房
    ⑵制作年度-1931年
    ⑶制作会社-松竹蒲田撮影所
    ⑷監督名-五所平之助
    ⑸脚本-北村小松
    ⑹出演者-渡辺篤、田中絹代、市村美津子、伊達里子ほか
    ⑺あらまし
     劇作家の芝野新作は、脚本を書くため静かな郊外の田園調布へ引っ越したが、雑音に妨げられて仕事に集中出来ない。さらに、隣の家から大音量のジャズが聞こえてきて仕事が手につかない。新作は隣家に怒鳴り込むが、逆に、その家のマダムに魅了され、入れ込んでしまう。結果、ブロードウェイ・メロディを口ずさみながら帰宅するのであった。新作は順調に脚本を書き進めるのだが、妻は隣のマダムに嫉妬していたのである。
    ⑻この作品を選んだ理由
     2011年4月~2013年3月まで放送されたNHK BSプレミアム『山田洋次監督が選んだ日本の名作100本』に選ばれていたので、今回この作品を選んだ。日本初のトーキー映画であり、音をかなり意識して製作されている。全編にわたってラジオの音声や猫の鳴き声、目覚まし時計の鳴る音など、日常生活の音が数多く取り入れられている。1931年度のキネマ旬報ベストテンで第1位に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。