【明星大学】地理学入門_合格レポート単位(1,2単位セット)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数169
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 社会科
    地理学入門 1,2単位目合格レポート 2014年度~

    1単位目と2単位目のセットです。
    それぞれのレポートの講評やポイントは、1単位分ずつアップロードしているほうの資料紹介のページに記載してあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地理学入門_単位 1,2
    単位 1
    <課題 1>
    世界の気候、地形、植生、土壌について、それぞれの関連性を踏まえながら論じなさい。
    地域の事象を研究対象とする地理学では、各地域が持つ特徴を考察して同一事象の地域
    をまとめる地域区分を行っており、気候、地形、植生、土壌などの観点からまとめられる。
    気候とは大気の現象を総合した結果であり、観測された気象要素を総合した気温・風・
    降水・湿度・雨量・蒸発散位等の気候要素により表現される。また気候は、気候因子と呼
    ばれる緯度・水陸分布・地形・高度等の地域的特性にも影響される。上記の要素から気候
    を地域的に整理する気候区分が古くから行われ、月平均気温と積雪日数により世界を熱
    帯・亜熱帯・温帯・寒帯に区分し、さらに高地・高山気候や気温と雨量の関連により細分
    化したクロイツブルグや、樹木気候と無樹木気候に区分したケッペンが有名である。
    次に地形には、大陸と海から成る地表の形成と各地形の形成の研究がある。前者にはヴ
    ェゲナーの大陸移動説に始まり、地球内部や地表を覆うプレートの動きから大陸の移動を
    研究するプレート・テクトニクス理論がある。後者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。