【合格レポート】明星大学 通信教育 初等社会科教育法 PB2120 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数175
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 初等社会科教育法 PB2120 2単位目
    【課題】
    社会科教育内容の主体的知識化と問題解決力について、両者を培うためにはどうしたらよいか、具体的に論じなさい。
    初等社会科の指導計画作成の留意点とは何か、評価の意義およびその観点に関連し論じなさい。
    【講評】
    社会科の評価観点については、「社会的事象への関心・意欲・態度」「社会的な思考・判断」「資料活用の技能・表現」「社会的事象についての知識・理解」でしたが、現在は2つの観点については「社会的な思考・判断・表現」「観察・資料活用の技能」となっています。
     従来の「思考・判断」に「表現」を加えた趣旨は、言語活動を中心とした表現に係わる活動や児童の作品等を一体的に評価するためでした。また、平成29年3月の学習指導要領の改訂に伴い、3観点に変更するという情報があります。新しい情報にご留意ください。
    インターネットの普及や科学の進歩などにより情報が溢れる社会になり、情報を獲得する意識欲が低下し、更には情報を知識に構造化・個性化し、既存の知識を環境に適用する体験の質と量が減少してきている。こうした社会において、子どもたちが社会で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。