【A評価レポート】S0540特別活動研究(中・高)第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数118
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学S0540特別活動研究(中・高)のレポート第1設題

    【設題】特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる「勤労生産・奉仕的行事」の活動例をひとつ示しながら、中学生および高校生を指導する際に注意すべき点を具体的に説明してください。

    【評点】A
    【所見】学校行事の目的や内容について、5つの行事に関して詳述されており、また学習指導要領の項目別に沿ってきちんとふれられており、取り上げた行事についても詳しく述べられています。また、取り上げた行事の具体例のなかにきちんと学校行事の三大特質についても触れられており、大変よいレポートであると判断できます。

    構成
    1.特別活動において学校行事が果たす役割
    2.「勤労生産・奉仕的行事」において中学生および高校生を指導する際の注意点

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる「勤労生産・奉仕的行事」の活動例をひとつ示しながら、中学生および高校生を指導する際に注意すべき点を具体的に説明してください。
    (主にテキスト第1,2,3,7,8章、巻末資料各種学習指導要領を参照)
    1.特別活動において学校行事が果たす役割
    特別活動は、学校教育における「教科外教育」の中で生徒指導や進路指導と並ぶ重要領域である。2008年1月の中央教育審議会答申では「生きる力」の育成という理念が打ち出された。この理念を共有しながら、「望ましい集団活動を通して」、「なすことによって学ぶ(体験的な活動を通して学ぶ)」という二つの指導原理を通じ、個人的・社会的な資質を育成し、自主的、実践的な態度を養うことが、特別活動の役割として求められている。とりわけ、現行の学習指導要領では公共の精神と社会性の育成が強調され、自己理解・他者理解を深めながら社会的に自己実現していくための小・中・高と一貫した自己指導能力の育成が重視されている。
    特別活動の内容は、中学校・高等学校の場合、学級活動(高等学校ではホームルーム活動)、生徒会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。