【明星合格レポート】【2017-2015年】 【PC3060】【中等教育相談の基礎と方法】1.2単位セット 一行25字

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数46
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。1.2単位セット販売です。仕事や教採対策でお忙しいと思います。レポート張ってください!(4月前に資料を一斉削除する可能性がありますので、他の人とかぶりにくいと思います。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中等教育相談の基礎と方法
    【レポート課題一単位目】
    教育相談を「治療的」と「予防的・開発的」とに分け、それぞれの特徴と具体例を述べよ。
    教育相談には大きく分けて三つの種類がある。
    1.治療的教育相談
    教育相談の中心はカウンセリングとなるが、心理療法と同義のものとしてイメージされることが多い。心理療法とは、精神的な問題や病気を抱えた人に対しての心理的な治療である。学校の児童生徒でも精神的な問題を抱えた子どもたちがいる。その理由は多岐に渡るが、そういった子どもたちに対して、治療的な意味でのカウンセリングを行う。これは治すカウンセリングと呼び、教育相談においては治療的教育相談と呼ぶ。
    これは、学級担任だけではなく、スクールカウンセラーによる専門的な援助が必要であり、また教育相談専門機関や医療機関など学校外の機関との連携も必要となってくる。
    学校心理学では、三段階の心理教育的援助サービスを提唱しており、治療的教育相談は三次的援助サービスと呼ばれている。
    2.予防的教育相談
    遅刻や欠席しがちになる子ども、交友関係の変化やかかわりが減った子ども、成績不振が続く子どもなど理由は様々だが、大きな問題と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。