【明星合格レポート】【2017-2015年】 【PC3030】【特別活動の指導法(中高)】1.2単位セット 一行25字

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数67
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。1.2単位セット販売です。仕事や教採対策でお忙しいと思います。レポート張ってください!(4月前に資料を一斉削除する可能性がありますので、他の人とかぶりにくいと思います。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動の指導法(中高)
    【レポート課題一単位目】
    2問のうち1問を選択して解答せよ。選択:1
    1.なぜ、中学校教育の中で特別活動が必要なのか、その教育的意義について述べよ。
    特別活動の教育的意義を言及する前に、中学校における特別活動とはどういった活動であるのか、また、その目的・目標とはどういったものかについてまとめたい。
    まず、中学校における特別活動には「学級活動」、「生徒会活動」、「学校行事」がある。これらの活動に共通する特徴として、「集団活動」であるというという事があげられる。この集団活動というのは、その目的・目標にも反映されている。
    特別活動の目的・目標は、改正教育基本法第1章(教育の目的及び理念)第1条の「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない」という規定を元に考えなければならない。「人格の完成」とは、個人の尊重を前提にしなければならない。
    また、中学校指導要領では特別活動の全体目標を「望ましい集団活動を通じて、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団や社会の一員として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。