【明星合格レポート】【2017-2015年】 【PD3060】【国語科教育法2】1.2単位セット 一行25字

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数17
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。1.2単位セット販売です。仕事や教採対策でお忙しいと思います。レポート張ってください!(4月前に資料を一斉削除する可能性がありますので、他の人とかぶりにくいと思います。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語科教育法2
    【レポート課題一単位目】
    夏目漱石『夢十夜』の「叙述と注解」を作成しなさい。
    第一夜
     仰向あおむきに寝た女が…―『夏目漱石論』で、蓮實重彦は、「第一章横たわる漱石」において、漱石の作品における「横臥」の主題を明らかにしている。これは、夏目漱石の小説を分析する上で取り出したテーマの一つで、漱石作品の主人公たちがとる「横臥」の姿勢こそが、物語やそれを紡ぐ言葉そのものを生み出しているというものである。漱石の主人公たちが「横たわり」、「居眠り」をするとき、なぜか他者が彼らに接近し、あるいは枕元に現れ、言葉が生まれる。蓮實によれば、「横たわる」ことは漱石作品において、けして単なる疲労や病のモチーフではなく小説の言葉そのものと密接な関係を持ち、作品風土を形づくっているのである。なにもしないこと、冒険を放棄すること(反=冒険者的風土)こそが逆説的に漱石作品の登場人物が世界と親密に戯れる態度の現われなのである。『夢十夜』において、「横臥」の主題が、この一文から読み取れる。
     「死んだら、埋めてください…―この一文以前の会話文は「~と言った。」というように、括弧でくくられていなかった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。