【明星合格レポート】【2017-2015年】 【PC3010】【中等教育課程論】1.2単位セット 一行25字

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数69
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。1.2単位セット販売です。仕事や教採対策でお忙しいと思います。レポート張ってください!(4月前に資料を一斉削除する可能性がありますので、他の人とかぶりにくいと思います。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中等教育課程論
    【レポート課題一単位目】
    1.学校で編成する教育課程の意義、及び各学校が教育課程の基準を踏まえつつ創意工夫を生かして適切な教育課程を編成することの重要性についてまとめてください。
    1.『中学校学習指導要領解説総則編』は、学校において編成する教育課程を、「学校教育の目的や目標を達成するために,教育の内容を生徒の心身の発達に応じ,授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画であると言うことができる。」としている。
    以上のような教育課程を全国的に一定の教育水準を確保し、同水準の教育を受けることのできる機会を国民に保障するために、学習指導要領が定められている。学習指導要領は、学習指導要領指導規則の規定に基づいて、教育課程の基準として文部科学大臣が告示として定めている。その一方で地域や学校の実態及び生徒の心身の発達の段階や特性に応じて効果的に行われること教育が重要である。また,各学校において教育活動を効果的に展開するためには,学校や教師が創意工夫を行わなければならない。
    では、各学校が適切な教育課程を編成・実施し質の高い教育を展開することの意義として、どういった事が挙げ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。