【明星合格レポート】【2017-2015年】 【PA1030】【教育と制度と経営】1.2単位セット 一行25字

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数47
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。1.2単位セット販売です。仕事や教採対策でお忙しいと思います。レポート張ってください!(4月前に資料を一斉削除する可能性がありますので、他の人とかぶりにくいと思います。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育と制度と経営
    【レポート課題一単位目】
    1.日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
     戦後、日本はポツダム宣言を受諾し、極端な国家主義・軍国主義を一掃し、民主化を目指した。GHQの要請を受けて派遣された「第1次米国教育使節団」は、日本の教育改革の方向性を示した報告書を提出した。また、同年に日本国憲法が公布され、第26条には教育条項が示された。
     その後、教育基本法や学校教育法が制定され教育に関する法整備が行われた。1985年には、臨時教育審議会が設置され、教育制度の抜本的な改革を目的とし、それに準じた改革が実施された。その後、臨教審によって答申された内容は、文部省内部の中央教育審議会、教育課程審議会や大学審議会などに引き継がれた。
     平成8年、第15期中教審が教育の基本方針として示した「生きる力」は、現代社会が要請する教育改革を表すキーワードとして、重要な位置を占めている。
    生きる力とは、知・徳・体のバランスの取れた力である。それぞれの力は、①確かな学力「基礎的な知識・技能を習得し、それらを活用して、自ら考え、判断し、表現すること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。