【明星合格レポート】【2017-2015年】 【PA1040】【教職入門】1.2単位セット 一行25字

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数15
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。1.2単位セット販売です。仕事や教採対策でお忙しいと思います。レポート張ってください!(4月前に資料を一斉削除する可能性がありますので、他の人とかぶりにくいと思います。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教職入門
    【レポート課題一単位目】
    1.教員養成の歴史について論述せよ。
    1872年、日本初の近代公教育制度である「学制」が制定され、同年に師範学校が設置された。特徴は無月謝・給費制の服務義務制、寄宿舎制などである。
    1886年に「師範学校令」が公布された。リーダーとしての役割を担った森有礼は順良・信愛・威重を教員に求める気質として示した。また、師範学校では授業料無料や学資支給が行われ、さらに、男子生徒は兵式体操が重視され、国家社会に奉仕する人間が養成された。「人物養成」の姿勢が明示されたが、「師範タイプ」として批判を受ける教師が生み出された。
    1900年には、「教員免許令」と「教員検定二関スル規定」によって、試験合格者や学校の成績等で確認を受けた卒業生が免許状を授与する仕組みも設けられた。
    1944年、師範学校令が廃止され、新たに制定された「師範教育令」が改正される。戦前は師範学校を中心とした目的制の教員養成機関だったが、教員の専門性や師範タイプに批判があり、戦後、開放制の教員養成となった。
    1949年に教育職員免許法が制定され、現代まで続く開放制の原則及び教職の専門性原則が確立され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。