【明星合格レポート】【2017-2015年】 【PD3030】 【漢文学】1.2単位セット 一行25字

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数17
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。1.2単位セット販売です。仕事や教採対策でお忙しいと思います。レポート張ってください!(4月前に資料を一斉削除する可能性がありますので、他の人とかぶりにくいと思います。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    漢文学
    【レポート課題一単位目】
    漢文公式について、説明しなさい。
     漢文を日本語として訓読するために、訓点というものを使用する。訓点とは、漢字の四隅に配置し、句読点「、。」、送り仮名、返り点がある。
    「登山。」6では、ルとニが送り仮名に当たる。返り点には「レ」と書くレ点がある。レ点とは、下の字から一時上の字の返るという作用がある。これを用いると「登山。」を「山に登る。」という形で訓読することが出来る。その他の返り点に以下のようなものがある。
     一二点は、二字以上隔てた上の字に返り「尽人事待天命。」7は「人事を尽くして天命を待つ。」となる。上下点は一二点を用いた中に挟んで、さらに上の字に返ることが出来る。甲乙点は、上下点もはさんで上の字に返る。**は、レ点から読んで一二、上下と読む。また、返り点や送りがなに従って訓読した漢文を書き下し文と呼ぶ。
     以上の事をふまえ、漢文読解の基本的な諸形式について説明していきたい。
    再読文字は一つの字を二度読む。「未嘗敗北。」は「未」が再度文字となり、一度目は返り点に関係なく、副詞として読み、二度目は返り点通りに返ってきて、助動詞または動詞で読む。訓読..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。