【明星合格レポート】【2017-2015年】 【PD2010】【国語学概論】1.2単位セット 一行25字

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数14
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。1.2単位セット販売です。仕事や教採対策でお忙しいと思います。レポート張ってください!(4月前に資料を一斉削除する可能性がありますので、他の人とかぶりにくいと思います。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語学概論
    【レポート課題一単位目】
    (1)テキスト3.3の類義語の意味のとらえ方を簡潔にまとめた上で、(2)類義と考えられる「ニギル」と「ツカム」、および「マワル」と「メグル」について、それぞれどのような共通の意味があり、どのような意味の違いが認められるかについて、テキスト 3.3 に示す方法論にしたがって具体的に考察しなさい。
    類義語の意味をとらえるために、類義語相互を比較するという方法がよく見られる。両語に共通する意味をとらえ、また、そこで生まれる差異を比較する必要がある。類義語同士の使い分けの条件を発見するために、両語を適当な文脈の中に置き、文としての適否を判断する。語の使用の可否についての差異を見つけることが、類義語の意味をとらえ方となる。では、実際に「ニギル」と「ツカム」、「マワル」と「メグル」の例語を用いて、共通の意味、意味の違いを見ていきたい。なお、ここで問題とするのは明示的な意味である。それぞれの文脈において、*印は文として許容できない不自然な物、?はやや不自然なものを示す。
     「ニギル」と「ツカム」に共通する基本的な「物を持つ」という意味がある。
     ①太郎は手で石を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。