佛教大学【2017年最新】S0615  家庭科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数25
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価でした。
    食生活の問題点を具体的に示し、解決の方向を考えられたのが高評価のポイントでした。
    第一設題
    家庭科概論から学んだことを踏まえて「どんな暮らし方がしたいか」、また身近な生活場面に即して「現在の生活課題1つと課題を解決する方法」について考えを述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭科概論から学んだことを踏まえて「どんな暮らし方がしたいか」、また身近な生活場面に即して「現在の生活課題1つと課題を解決する方法」について考えを述べなさい。
    1. どんな暮らし方がしたいか
     現代社会は、いつどこにいても何らかの食事を摂ることができる。大抵の街にはコンビニエンスストアが一定距離内にあり、しかも24時間営業であるというから驚く。いつでも気軽に行けることが魅力の一つであるが、商品棚をよく見てみると、加工食品や冷凍食品など、長くおける商品が多い。中には生鮮食品を置いている場合もあるが、それも極めて少ない。加工食品や冷凍食品は本当に便利で、いつでもどこでも食べられて、食事に困らないということを叶えてくれている。他にも陳列を見てみると、サプリメントもおかれている。サプリメントは本当に便利で、日々の食事では補うことのできないビタミンやミネラルなどの栄養補給を、一粒飲むだけで叶えてくれる。
    私が生きてきた20数年の短い間でも、社会はより便利に作られてきた。その便利さに救われながら今を生きていることは明白である。この便利さに一生助けてもらうことも一つの生き方だと思う。だが、私が目指す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。