佛教大学【2017年最新】S0612 生活科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数95
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B評価でした。
    4章の「授業づくり」についてを、より具体的に自分の意見をもとに記述すると良い。
    第一設題
    生活科のこれまでのあゆみをまとめるとともに実際の授業における教育的成果と課題を明らかにし,生活科のこれからの展望について具体的なことがらを示して述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科のこれまでのあゆみをまとめるとともに実際の授業における教育的成果と課題を明らかにし,生活科のこれからの展望について具体的なことがらを示して述べよ。
    (1章)生活科のこれまでのあゆみ
     平成元年、学習指導要領の改訂で、小学校低学年に生活科が新設された。それまでの低学年が学んでいた、社会科と理科は廃止にされた。これは、学習指導要領の改訂の歴史の中でも、小学校にあっての教科の改廃は初めてのことである。
    生活科の新設が意味することは、学校教育の在り方が変わらねばならないということである。わが国の小学校教育の中で教科の改変は非常にまれであり、それだけ国家や社会の大変動が起こっているからこその教科の改廃である。大きく舵を切ったので、波紋が大きく、賛否両論あったことは言うまでもないであろう。
    低学年の社会科や理科の教育の在り方や教科そのものの在り方が問われ始めたのが昭和30年代後半から40年代にかけてである。昭和30年代終わりには、社会科や理科に関して、他教科や道徳等との関連づけによる指導や、児童の主体的なはらたきかけを行うようにすると、改善が図られた。昭和46年になると、中教審は「これまでの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。