明星大学通信教育課程 2016年度対応 理科 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数69
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    明星大学通信教育課程 2014年度 理科 2単位目の合格レポートです。
    2015年、2016年度も同じ課題かと思います。
    教科書を参考に仕上げました。
    誤字脱字等の間違いもあるかと思いますが、参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB2020 理科 2単位目
    【課題】
    1.「間違えるとはどういうことか?」についてテキストから学んだことをまとめ、私見を述べよ。
    2.「科学入門教育とはどういうことか」についてテキストから学んだことを述べよ。
    【参考文献】配布教科書「未来の先生たちへ」
    (1)私は子ども頃、「間違えることは恥ずかしいこと」だと思っていた。大人になった今も間違えることは気持ちの良いことではないし、大人だからこそ、間違えることは恥ずかしいという気持ちが大きい気がする。また、小学校で支援員を経験する中で、子どもたちの間違いをフォローする機会が多い。「間違えても大丈夫だよ」「間違えても恥ずかしくないよ」そんな風に声を掛けるものの、子どもたちにとって、間違えることはやはり、気持ちの良いことではないだろう。では、子どもたちが「間違えることはいいこと」だと思えるような授業にするために、教師がすべきことは何か。それは、間違えることの意味や間違え方を教えることである。
     「まちがえ方の教育」の実践例ともいえる仮設実験授業は、誤謬論を利用し、意図的に子どもたちが間違えるように仕組まれている。自由に考えを発表できる場があり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。