明星大学通信教育課程 2014年度 国語(書写含む)2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数72
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育課程 2014年 国語(書写含む)2単位目の合格レポートです。
    教科書を参考に仕上げました。
    誤字脱字等の間違いもあるかと思いますが、参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB1010 国語(書写を含む)2単位目
    課題:「話すこと・聞くこと」の学習の意義について論じなさい。
    国語科教育における、「話すこと、聞くこと」の学習には、どのような意義があり、どのような教育が求められているのだろうか。以下に考察していく。
    話すこと、聞くことの力を育てる学習は、学習指導要領において、領域A「話すこと、聞くこと」にまとめられている。また現在では、目標の中に「伝え合う力」の育成が加えられている。発達段階に即して、話すこと、聞くことの運用力を伸ばし、学習や生活の中で活用し、意識的に自ら話すこと、聞くことの言語活動を取得していけるような指導を、意図的、計画的に進めいくことが重視されている。
    話すこと、聞くことの指導の意義として、第一に意見を話したり聞いたりする「伝え合う力」は、自己学習力の基礎に当たる。「生きる力」を理念とする、自ら学び、自ら考え、判断し、よりよく問題を解決していく教育には、子ども同士の学び合いが不可欠である。この基礎となるものが、話したり聞いたりする「伝え合う力」である。第二に、相互に啓発し合う「学び合い学習」では、話したり聞いたりする伝え合う力を基盤とす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。