WE1020 法学2 1単位目レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数22
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育課程、法学2 1単位目レポートです。
    課題に沿って、教科書の判例を3つ用いてまとめました。
    法律家の方の凄さを改めて実感しました(笑)
    レポート作成はもちろん、科目終了試験等に活用して頂ければ幸いです。

    課題:「日本国憲法における法の下の平等について、判例を挙げて説明しなさい。」

    参考文献:「持続可能な社会を考える法律学入門」井上秀典著(八千代出版)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    WE1020 法学2 1単位目レポート
    課題:「日本国憲法における平和主義について説明しなさい。」
     平和主義の基本を定める日本国憲法第9条は、1項で国権の発動としての戦争・武力行使の放棄を、2項で陸海空軍その他の戦力=軍事力の不保持と交戦権の否認を明らかにしており、その解釈は多岐に渡る。
    憲法第9条1・2項の解釈はそれぞれ大きく2つに分かれ、1項の「国際紛争を解決する手段」の解釈は、①「国際紛争を解決する手段」は侵略戦争を指しているとし、自衛戦争は放棄されていないとする限定放棄説(通説)、②戦争は国際紛争解決のために行われるのであり、すべての戦争を放棄すると解釈する全面放棄説(有力説)がある。1項では国際平和を誠実に希求するために、国権の発動たる戦争、武力による威嚇、武力の行使の3つを放棄すると規定している。
    また、2項の「前項の目的を達するため」の解釈は、③上記①をとり、「前項の目的を達するため」を侵略戦争放棄の目的と解釈し、したがって自衛戦争のための戦力は保持することができる、④上記①をとり、「前項の目的を達するため」を「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」することが目的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。