佛教大学 2017年度 英米思想史2 レポート A判定

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数15
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    英米思想史

    代表キーワード

    佛教大学英米思想史思想史

    資料紹介

    佛教大学 2017年度 英米思想史 第2設題
    M.アーノルドが『教養と無秩序』の中で述べた、社会を無秩序から救う方法とは何か。社会的・思想的背景を踏まえて説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      M.アーノルドが『教養と無秩序』の中で述べた、社会を無秩序から救う方法とは何か。社会的・思想的背景を踏まえて説明せよ。
     
    まず、アーナルドは政治、社会。経済、宗教、思想、教育など広範囲にまたがる「秩序の喪失」を「無秩序」と呼んだ。これをどのようにして克服するのか。彼が提唱した社会を無秩序から救う方法というのが、「教養」である。
    アーナルドは『教養と無秩序』について、教養がもつ本質とは、世界で知られているその時代における最善に知識・思想を知ることで、従来の思想や習慣に関して自由な思想を持ち、人々を幸福にしようとする道徳的、社会的使命感である。また、教養がもつ本質とは、世界で知られる、その時代における最善の知識・思想を知ることであり。従来の思想や習慣に関して自由な思想を持ち、人々を幸せにしようとする道徳的、社会的使命感である。また、教養を社会に広めることで、それが道徳になり、完全なものになると考えた。
     思想的背景について。教養を阻害する要因として、さまざまな偏見や党派心(仲間意識)このような教養から発したものである。当時のイギリス社会にも偏見や党派心が存在していた。その代表例として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。