佛教大学 2017年度 英米思想史1 レポート A判定

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数18
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学 2017年度 英米思想史 設題1
    英文学における古典主義からロマン主義への推移を、社会的・思想史的背景から説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     英文学における古典主義からロマン主義への推移を、社会的・思想史的背景から説明せよ。
     まず、古典主義とロマン主義について述べる。
    古典主義の時代は、オーガスタン時代とも呼ばれ、規則づくめで理性や論理を偏重していた。風刺文学や悲歌や書簡などが好まれていた。オーガスタン時代は、当時のイギリスの首相”William Pitt(ピット)”の活躍で、北アメリカ大陸、インド、オーストラリアを植民地としていた為、国としては安定していた。ホラティウスが古典主義の代表とされている。
     ロマン主義とは、理性や論理を偏重していた古典主義に対して、自然により目を向けようとするのがロマン主義である。ロマン主義は、古いものや、中世への憧れであった。この時代の作家で代表的な”Samuel Taylor Coleridge”にように自然を愛し、自然との神秘的な関わりにより、その中心となるものを表現しようとした。この時代の背景に、”Jean-Jacques Rousseau”ら啓蒙主義によって生まれたフランス革命や、19世紀の産業革命が背景にある。
     古典主義からロマン主義への推移について。
    何でも理性と論理によって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。